読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Island Of A Million Jelly Beans

音楽、宅録/DTM、楽器、Apple製品

新曲続々制作中です/Logic Pro Xでサンプリング!

DTM 洋楽 ヒップホップ エレクトロニカ 宅録 MIDI

soundcloud.com

soundcloud.com

 

remixしてみたり、サンプリングしてみたり、色々やってみてます。

サンプラーは今まではハード機材Roland Boss SP-303を使っていたのですが、Apple Logic Pro XについているEXS 24に移行しました。移行と言ってもお試し程度の使い方しかしていませんが。チョップ、フリップが楽になりました。

Alchemyもドラッグアンドドロップでサンプリングできたらもっといいのになあ。

やり方調べたけど、フォルダブラウズからでしかサンプリングできない模様。

logic上で波形編集しておいしいとこだけ抽出して鍵盤なりパッドなりに割り振るサンプリングがEXS24ではできますがAlchemyではできない。しかしAlchemyは取り込んだ後のサンプルの長さの変更や多彩なエフェクター内臓で捨てがたいです。もっと手軽にできたら⋯。あちらを立てればこちらが立たず、といった感じ。

制作過程もさることながら、作品の出来もまだまだです。未熟も未熟。ビートメイキングの道はまだまだ険しいです。険しいからこそ楽しくもある。

お時間があれば聴いてみてください。

soundcloud.com

ポケモンGO日本解禁に便乗して ポケモンGOラップ作ってみた

DTM 洋楽 ヒップホップ エレクトロニカ

soundcloud.com

思いついたら即実行な土曜日でした。

日本でポケモンGOが解禁になってふと思い出したんです、アメリカのラッパーEl-Pのビートメイキングコンテスト。

彼がinstagramにあげたラップのアカペラにビートをつけるコンテスト。

 

 

締め切りは終わったようですが、日本でポケモンGO解禁されたので便乗してビート作ってみました。

いやー、楽しかった。ラップに合わせてビート作るの初めての経験でした。

テンポ検出したり、音の"抜き差し"を考えたり。。。

37秒という短さですが集中して作れました。製作時間三時間くらいかな。昨日、土曜の夕方に作りました。

しかし、このEl-Pのラップが微笑ましくて良い。「これはポケモンのラップ。俺たちみんなポケモン大好き。平和だな」みたいな内容なのでこれなら子供に聴かせても安心です^^。

 

4年ぶりに新曲作りました

DTM 宅録 ヒップホップ エレクトロニカ

soundcloud.com

聴いてください。音楽作りました。インストゥルメンタルなビートミュージックです。新曲と呼べるものは四年ぶりです。

soundcloudのアカウントも心機一転作り直しました。ユーザー名は"Tawamureni 戯れに"です。リンクの欄に貼ってます。

新しく何かを始めるのはワクワクします。自分の中から生まれる何か。新しいものが生まれる楽しさ。

 

音楽制作、いろいろ作ったし発表してきました。インストゥルメンタルヒップホップから始まり、アコギの多重録音アンビエント、ノイズ、エレクトロニカ、ジャズ、アシッドフォーク、テクノ、ギターロック、シューゲイザーなどなど⋯

でもこれらはほぼ今まで数年間に作った曲のお蔵出しだったんですよね。もう過去なんです。

今の自分を新鮮なまま届けたい。

 

去年の秋からは新たにベースミュージック、インストゥルメンタルなビートミュージック、あと歌モノに挑戦中です。三枚同時進行。

同じはてなブログで詩のブログも運営しているのですが(これもリンクの欄にあります)、インストゥルメンタルミュージックを作るのは詩を書くのに似ています。

抽象的なイメージに言葉を選んできて当てはめる。音を当てはめる。書き始めてどうなっていくかはわからない。感性の赴くままに書いていく。音を鳴らし始めてどうなっていくかはわからない、感性の赴くままに作曲していく。とても似ています。

今回発表したtawamureniの曲は本当に遊び気分でリラックスして作れたというか、楽しかったです。久々にアドレナリン出ました。

 

 

Primal Screamに夏をインストールされた

洋楽 邦楽

春に発売してたんですね。"Chaosmosis"

 

Chaosmosis

Chaosmosis

 

 

 先日試聴機で聴いてぶっ飛びました。神聖かまってちゃんの「夏.インストール」を買いに行ったタワレコで「ああ、忘れてたな」となんとなく聴いてみたらなぜかPrimal Screamに夏をインストールされてしまいました。春の盤なのにね。

なんだこのキラキラ感、そしてシンセのチープさは!

いや、音はいいんですよ。クリアかつハイファイ。その辺はいつもこの人たちこだわってる気がする。

なんというかシンセサイザーを新しく買ってとりあえず弾き倒したみたいな、そんな初々しい音色が全編を覆っています。

プライマルmeetsきゃりーぱみゅぱみゅ。プライマルmeets kawaii

100% or NothingはAbbaかと思いました。そういやJusticeの新曲もAbbaみたいでした。

www.youtube.com

なんにせよプライマルスクリームを聴いて「かわいい!」と思ったのは初めてかもしれません。強いて挙げるならファーストアルバムの"Sonic flower groove"、曲単位で言えば"Some velvet morning"でデュエットしたケイト・モスの歌声なんかは可愛かったかもしれない⋯。にしてもこの"Chaosmosis"の可愛さにはかないません。

十八番のアコギバラードもあります。終曲"Autumn in paradise"はNew Orderみたいです。バーナードサムナーは昔"Shoot speed/kill lights"という名曲で招聘していましたね。

はっ、めんどくさがっていたら動画のリンクがジャスティスだけになってしまった。

"Chaosmosis"、全十曲、30分ちょいという長さもいい。コンパクト。

視聴した時はビートの選び方とか、Andrew Weatherall 関わってるっぽいな〜と思いましたがブックレットのクレジット見てみたらいませんでした。

 

 

↓「天文学的なその数から」という題名だけでもう名曲なのが確定したようなもんですよ。「ベイビーレイニーデイリー」や「映画」しかり。

夏.インストール
 

 

 

"音の説得力"

邦楽 洋楽

ミュージシャンの田島ハルコ氏が椎名林檎の「丸の内サディスティック」をカヴァーしてらして、そこから久々に聴きました、「無罪モラトリアム」。カヴァーヴァージョンはドラムと二番から歌ってらっしゃる入江陽さんの節回しが独特で吹っ飛ばされました。

 

soundcloud.com

 まさにモラトリアム真っ只中、高校生の頃に夢中になって聴きました。「モルヒネ」のイントロのギターがピンポイントに大好きで繰り返し繰り返し聞いた覚えがあります。

椎名林檎は「絶頂集」「勝訴」「無罪」の順に好きでそれより後はちゃんと聴いていないという感じで、「無罪」は10代の多感な時期に聞いたノスタルジイと声のでかいミックスの印象が強かったんですけど、改めて聴き直すと、一曲目の「正しい街」から音の持つ説得力が素晴らしくて感心しました。

 

この音の説得力という感覚、うまく言葉にできません。

自分でも音楽を作っていると頻繁に出くわします。説得力のある音とない音。

音が「サマ」になっているとでも言えばいいのか、でも既聴感とは違います。音そのもがもつかっこよさと言いますか。うーん、まとまらないなあ。

 

サマになっているということで思い出すのは

 

この曲のイントロのストリングスが入ってくるところの感じや、

 

この曲のJohn Lennonのしゃがれたヴォーカルとか。

 

迫力とはまた違った、説得力というものを感じずに入られません。 

 

  

 

無罪モラトリアム

無罪モラトリアム

 

 

XTRMNTR

XTRMNTR

 

 

 

 

Beck "Odelay" 20周年

Beck 洋楽

 

Odelay

Odelay

 

 これを機に作られた素晴らしいDJ Mixを。サンプリングを多用して作られたこの盤の元ネタやリミックスやライヴ音源をごちゃ混ぜにコラージュしています。

soundcloud.com

これ、英語がわかる人にはベックの書く歌詞のチンプンカンプンさも相まってもっと頭ん中ごちゃごちゃになるんだろうな〜。

 

tracklist貼っておきます。ベックを長年追っている人やwhosampledで検索したことある人にはわかる有名ネタやそうでないものも。カオスです。

 

Beck -Intro - BizarreFest '97
Beck -Devil's Haircut Geffen Records
Them -Out of Sight Decca
Beck -Devil's Haircut (Rock N Roll Edit) promo cassette
Beck -Trouble All My Days (Intro) Geffen Records
The Troggs -I Can Only Give You Fontana Fontana
Beck -Dark and Lovely (Dust Brothers Remix) Geffen Records
Bernard "Pretty" Purdie -Soul Drums Date
Mort Garson -Climax One Sensuous Records 
Beck -Devil's Haircut (Live '99)
Beck -American Wastland (excerpt) Geffen Records
Beck -Hotwax (Live intro, Treasure Island Music Festival
Beck -Hotwax Geffen Records
Freda Payne -The Easiest Way to Fall Invictus
Pretty Purdie & The Playboys -Song For Aretha Flying Dutchman
Black Sabbath -Behind the Wall of Sleep Warner Bros
Mandrill -Universal Rhythms Polymor
Monk Higgins -Up On The Hill United Artists Records
Mike Millius -Lookout For Lucy UNI Records
Edgar Winter Group -When It Comes Epic
Beck -Lord Only Knows Geffen Records
Beck -The New Pollution (Live Intro)
Beck -The New Pollution Geffen Records
Gus Poole -Hallelujah, Alright, Amen Novasonic Records
Beck -The New Pollution (The Newest Pollution Mix) Geffen Records
Beck -The New Pollution (Remix by Mickey P) Geffen Records
Joe Thomas -Venus Groove Merchant
Beck -Derelict Geffen Records
Rare Earth -I Just Want to Celebrate Tamla Motown
Pickin' On Series -New Pollution (CMH Records)
Lee Michaels -(Don't Want No) Woman A&M Records
Catherine Ribeiro + Alpes -Poeme Non Epique No. III (Fontana)
Beck -Novacane Geffen Records
Freedom -Get Up and Dance T.K Disco
Them -It's All Over Now Baby Blue Decca
Beck -Jack-Ass Geffen Records
Beck -Jack-Ass (Butch Vig's Lowrider Mix) Geffen Records
Dyke & The Blazers -Let A Woman Be A Woman Original Sound
Beck -Where Its At (Bonus Beats) Geffen Records
Beck -Where Its At Geffen Records
Beck -Where Its At (U.N.K.L.E. Remix) Geffen Records
Beck -Where Its At (MTV Unplugged) Geffen Records
Beck -Where Its At (Remix by Mario C. and Mikey P.) Geffen Records
Beck -Where Its At (Remix by John King) Geffen Records
Beck -Make Out City (Remix By Mike Simpson) Geffen Records
Mantronix -Needle To The Groove Sleeping Bag Records
Lee Dorsey -Get Out of My Life Woman Amy
Beck -Lloyd Price Express (John King Remix) Geffen Records
The Frogs -I Don't Care If U Disrespect Me Homestead Records
Stanley Z. Daniels, M.D. -Sex For Teens (Where Its At) Carapan Records
Beck -Minus Geffen Records
Mattel -Barbie Phone Commercial 
Dick Hyman -The Moog And Me Command
Beck -Sissyneck Geffen Records
Country Funk -Apart Of Me Polydor
Sly & The Family Stone -Life Epic
Laurindo Almeida -Desafinado Tower
Rory Gallagher -Admit It Polydor
Beck -Readymade Geffen Records
Walter Wanderley -Baia GNP Crescendo
DJ Grand Wizard Theodore -Cold Crush Brothers vs the Fantastic 5 M.C.'s
Beck -High Five (Rock the Catskills) Geffen Records
Beck -High Five (Rock the Catskills)
Rasputin's Stash -Mr. Cool Cotillion
Beck -Novacane Geffen Records
Beck -Ramshackle Geffen Records

 

改めて、Odelayという盤の新しさ、単なるロックの枠には収まらない凄みを感じました。飄々とした凄み。軽々とした凄み。シリアスなのか楽天的なのかわからない。どっちも持ち合わせているんでしょうけれど。それは後年、"Sea Change"とかでわかることになるのですが。いやー、楽しい。

 

萩尾望都 ポーの一族「春の夢」(ネタバレあり)

漫画 萩尾望都

f:id:furacoco:20160622051535p:plain

少し遅れましたが、読みました!萩尾望都「春の夢」!

 

いや〜、すごい。

すごいとしか言えない。

 

正直一読目はドキドキしすぎて情報がろくに頭に入ってこなくて、微妙な印象でしたが、二読、三読と繰り返し読むたびに凄さが沁みるように伝わってきました。

 

例えば「ジョジョ」の場合、荒木飛呂彦先生の場合、ディティールの何処何処がいいと具体的に語れるんですが、萩尾先生の場合描こうとしているものがとてつもなく巨大で抽象的なもんだからうまく語れないんですよね⋯。すごいとしか言いようがない。

エドガーの冷たい目、アランの可愛さ、何気ないサブエピソードの挿入の仕方、どこを取っても切れ味抜群でやはり、天才のなせる仕事かな、と。

 

f:id:furacoco:20160622051723p:plain

 

山岸凉子氏との対談もとても興味深く読めました。

萩尾先生が引退を考えているだなんて!日本漫画界、いや日本のアート、カルチャーの一台損失でしょう⋯。

あとコンプレックスと長所に関する考察もとても興味深かったです。

 

とりあえずブランカの恋は実るのか(相手は永遠を生きるバンパネラだぞっ!涙)、エドガーのキモチの行方、戦争に翻弄される時代を生きる人々の運命は?

今冬に予定されている続編が楽しみで仕方がありません。