読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Island Of A Million Jelly Beans

音楽、宅録/DTM、楽器、Apple製品

ローズゴールドは是か非か

Mac Apple

f:id:furacoco:20160424082224j:plain

先日MacBookに新型モデルが出ました。CPUがアップデートされてカラーバリエーションも従来の三色から四色に増えました。

この四色(シルバー、スペースグレー、ゴールド、ローズゴールド)は現行のiPhone 6s/plus、iPad Proと同じラインナップです。

で、気になるのがこの最新に追加されたローズゴールドです。うーん。どう言えばいいのか。女子に赤いランドセルがあてがわれる違和感と言いましょうか。

とはいえ、iPodシリーズにはこれ以前からピンク、Product Redのカラバリが存在するので、今に始まった事ではないのかもしれません。でも少し今回のローズゴールド推しは少し違和感を覚えます。

f:id:furacoco:20160424082344j:plain

悪い色ではないんですけれどね。

初代iMac G3もカラフルでした。でもあれはもっとはじけてた。レインボーカラーだったし、あの中で赤を選んでも「赤いランドセルをあてがわれる違和感」は少ないように思えます。

f:id:furacoco:20160424082540j:plain

フラワーパワーなんてのも茶目っ気があった(贔屓目でしょうか⋯)

 

f:id:furacoco:20160424082520j:plain

ゴールドMacBookが初めて出た時はすごく良いと思ったんですけどね。

ローズゴールド、結構難しい問題だと思います。アップルは女性向け路線の販路を拡大したいのでしょうか。それにしては安易すぎる。もともとのシルバーやスペースグレーも男のためだけにあるわけじゃないのにね。これは色と性別の問題なのか、アップルの戦略に問題があるのか、その両方か。うーん。うまくまとまらないし、浅い考察しかできないのでこの話はここまで。